カラコン15mm危険

カラコン(カラーコンタクトレンズ)とは?

カラコンには大きくわけて2種類あります。

  • 視力矯正用カラコン(度あり)
  • 視力矯正目的ではないオシャレカラコン(度なし)

法律が絡んできますが、規制は今後も変更されると思われますので、詳しくは経済産業省や厚生労働省のホームページ等で確認して下さい。

 

簡単に書いておきますと、「薬事法により販売方法や品質が規制されている」ということです。
日本で販売されているものは、国が承認されたものとなりますが、韓国カラコンのように、個人輸入代行サイトを利用して買う場合は、その限りではありません。
つまり、日本で承認されていないカラコンを海外から代行サイトを通じて手に入れることが出来るということです。ちなみにカラコン15mmというのは、その値がDIAを指している場合は、個人輸入代行サイトでないと買えないはずです。

 

いずれにしても、眼科での処方箋がなくても通販で購入できることは、一長一短あります。
それは目の病気のこととも関係します。

 

細かいことを書き出すとすごく長くなってしまうので、ここまでにしておきますが、カラコン15mmくらいに大きいのは危険だとか、韓国カラコン自体が危ないという声もありますが、そもそも目に不安があるならカラコンはやめたほうがいいでしょうね。
もちろん、明らかな粗悪品は論外ですけど、ある程度人気がある、知名度があるようなカラコンだったら、あとは自分のお手入れ次第な部分もあるのではないかと思ってるんです。

 

カラコンと目の病気・トラブル

法律で品質に関する規制があろうとなかろうと、カラコンが目に負担をかける、危険なものとなりえることに変わりはありません。
目の角膜に直接触れるわけですから、酸素の透過、黒目の傷など、危険が伴うのは言うまでもありません。
実際に何らかの原因により眼障害が起きてからでは手遅れになる可能性もありますので、いかに自分の目を自分で守るかを考える必要があると思われます。

 

1dayカラコンは毎回新品を着けるわけですから、長く使えるタイプと比べると衛生面でのメリットはあると思います。
汚れたまま装着するということも基本的にはないわけですからね。

1dayカラコンでも目は疲れます

カラコンをつけると印象は変わり可愛くも大人っぽくもハーフっぽくもなれたりしていいことたくさんありますが、目に負担はかかりますし、長時間着けてると疲れてきますよね。

1dayカラコンの危険性と使い方

カラコンのレビューを見てると、人気のカラコンであっても、着けてると目が疲れてくると

  • 乾燥が酷い
  • 目が充血してくる

といった声も見受けられます。
果たしてそのカラコンが原因なのか、本人の目の調子の問題か分かりませんが、少なくても、カラコンを着けること自体、目に負担がかかってるのは間違いありません。
見た目を変えるという点では、手っ取り早いですし、度なしのもあるので、視力が良くてもカラコンをつける友達もいます。
やはりクリアコンタクトに比べると酸素の透過率もよくないでしょうし、負担がかかるのは仕方ありません。
それを分かった上で装用するわけですから。
ただ、目のことを出来る限り労わりながらつけ続けたいと思うのです。
目は大切ですから。
ではどうすればいいか。

  • 定期的に眼科で検診を受ける
  • 1日のうちで長時間カラコンをつけない
  • 洗浄などのお手入れはきちんとする
  • たまにカラコンを着けない日も作る
  • 違和感を感じたらすぐにはずす
  • カラコンを着けたまま寝てしまわない

など、素人の私が思いつくのはこれくらいですが、やはり専門家に相談しながら、続けるのが理想かなと。
時々カラコンが原因かは分かりませんが、明らかに目が充血してる友達を見ると、どうしても不健康に見えてしまいます。
特に、面倒臭がりな私は、家に帰っても、すぐにコンタクトをはずさないので、ついついそのまま寝てしまうこともありますが、これも目にはかなり悪いんでしょうね。
かならず目には負担がかかると思いながら、目のことをもう少し考えてあげなら、これからも続けたいと思います。
目のことを考えて、カラコンは毎日つけないという友達もいます。休みの日以外はクリアのを着けて、休日だけワンデーカラコンをつけるとか。
そういうのもいいと思います。
1ヶ月に数回しか装着しないのなら長期使用のより、1dayのほうが効率いいかもね。カラコン15mmワンデーは圧倒的に数が少ないから、買うとなると、ブランドも自ずと決まってくるかもしれません。